RORO

ふつうの日記

メールの受信ができるAPIの比較 (2020年5月)

Amazon SES vs. SendGrid vs. Mailgun vs. Mailjet vs. Mailchimp

Amazon SES (の受信機能)

https://aws.amazon.com/jp/ses/pricing/

  • 受信は1000通/月まで無料。以降は0.10USD/1000通。これに加えて256Kバイトのチャンク(端数切り捨て)について0.09USD/1000チャンク。
  • (送信は0.10USD/1000通。添付ファイルは0.12USD/1GB)
    • 圧倒的に安い一方で、機能は最もプリミティブ

受信のレイテンシの低さは申し分ない。メールがAWSのSMTPサーバに到達した1〜3秒後にはS3に格納される。

AWSの中で使うのは楽だが、AWSの外に受信データを渡したい場合はAWS LambdaやAmazon SNSを使ってその仕組みを作る必要がある。

Twilio SendGrid (のInbound Parse Webhook)

https://sendgrid.com/pricing/

  • 受信 (Inbound Parse Webhook) は無料プランでも使える
  • 有料プランは、14.95USD/mo (40000通/mo = 0.373USD/1000通) から
  • (送信は無料プランだと100通/day)
  • (マーケティングメール向けの機能/プランもある)

遅延問題 (2020年5月半ば時点)

トライアル契約でParse Webhookを使ってみたが、レイテンシが使い物にならないくらい大きくなることがあった。良いときはメールを送ってから10秒ほどでWebhookが呼ばれるが、悪いときには30〜60分以上の遅延が(しかも少なくない頻度で)発生した。

念のために有料プラン (Essentials 40K) を契約して数日置いてから試してみたが状況は変わらなかった。

サポートに報告したら、数日後にチケットに “degraded” という印が付いたが、返事はまだこない。

(*2020-06-02追記*: SendGridのサポートからようやく返事が来て、この問題は解決したとのこと)

Mailgun (のInbound Routing)

https://sendgrid.com/pricing/

  • Inbound Routingは有料プランユーザのみ使える。
    • 最安のプランが高い: 35USD/moで送信50000通/mo = 0.7USD/1000通
  • 受信自体は無料で、そのあとの転送 (HTTP POSTも) にチャージされる。
  • (メール送受信自動化用プラットフォームとしては高機能)
  • (マーケティング担当者向けの機能はない)

試用はしていない。

Mailjet (のParse API)

https://sendgrid.com/pricing/

  • 受信 (Parse API) は有料プランユーザのみ使える。
  • 最安の有料プランは8.69USD/moで30000通 = 0.289USD/1000通
  • (マーケティングメール向けの機能もある)

試用はしていない。

Mailchimp Transactional Email (旧Mandrill)

https://mailchimp.com/pricing/transactional-email/

  • Mailchimpの有料プラン (10.62USD/mo〜) に入らないと使えない
  • 送信コストが高い (20USDで20000通 = $0.8/1000通)

試用はしていない。

その他

受信機能はあくまでおまけという位置づけなのか、ドキュメントを見ても詳しい仕様が書かれていないサービスが多い。

この種のメールサービスは悪用防止のために、試用ユーザや新規契約ユーザに一定の制限をかけることがあるそうなので(しかもその内容は明示されていないので)、評価を行うのが難しい。